ボスニアfifa

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

全国社会福祉協議会ホームページではJavascriptを使用しています。Javascriptの使用を有効にしていない場合は、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。お手数ですがJavascriptの使用を有効にしてください。 このページの先頭ですサイトメニューここから このページの本文へ移動 メニュー サイト内検索フォーム 採用情報 サイトマップ ホーム 読み上げ・文字拡大 専用サイト close ホーム 全社協について 法人概要 組織、役員・事務局体制 全社協・分野別組織(リンク集) 都道府県・指定都市社会福祉協議会(リンク集) 全社協のビジョン 全社協の役割 全社協 福祉ビジョン2020 主な事業内容 全社協事業(リンク集) 年次報告書(アニュアルレポート) Action Report (最新の取り組み) 2023(令和5)年度 定期号・臨時号 2022(令和4)年度 定期号・臨時号 2021(令和3)年度 定期号・臨時号 2020(令和2)年度 定期号・臨時号 2019(令和元)年度 臨時号(災害) 2019(令和元)年度 定期号 2018(平成30)年度 臨時号(災害) 2018(平成30)年度 定期号 2016(平成28)年度 臨時号(熊本地震) 提言・要望等 調査・研究報告 ふくしの動画 ふくし映像レポート 全社協の情報公開 「次世代育成支援対策推進法および女性活躍推進法に基づく行動計画」 アクセス 全社協のあゆみ 明治期(1868年から1912年) 大正期(1912年から1926年) 昭和前期(1926年から1945年) 昭和中期(1946年から1963年) 昭和後期(1964年から1988年) 平成期(1989年から2018年) 年表 「全国社会福祉協議会100周年記念感謝の集い」 天皇陛下のおことば 厚生労働大臣祝辞 会長あいさつ(式辞) 写真で見る感謝の集い 中央慈善協会設立趣意書 組織の変遷 分野別取り組み 制度・政策 社会福祉協議会(社協) 社会福祉協議会 創設70周年 地域福祉推進委員会 地域福祉・ボランティア 生活困窮者自立支援制度への対応 ボランティア・市民活動の振興と福祉教育の推進 新規ウインドウで開きます。地域福祉・ボランティア情報ネットワーク 新規ウインドウで開きます。「広がれボランティアの輪」連絡会議 新規ウインドウで開きます。中央共同募金会 民生委員・児童委員 社会福祉法人・福祉施設 社会福祉法人制度改革への対応 利用者の虐待・権利侵害防止 高齢者の福祉 高齢者福祉・介護保険制度への取り組み 高齢者保健福祉団体連絡協議会 老人の日・老人週間 障害者の福祉 権利擁護と虐待防止の取り組み 障害福祉サービス等報酬改定等への対応 障害者の就労 障害関係団体連絡協議会 全国厚生事業団体連絡協議会 子どもの福祉 児童福祉をめぐる社会・制度への対応 子ども・子育て家庭支援の推進事例 児童福祉週間 国際福祉 アジアの社会福祉従事者の活動 修了生の活動ビデオ集 2022修了生を通じた支援活動 2021修了生を通じた支援活動 2020修了生を通じた支援活動 ビデオ2021「修了生とのオンライン交流会」 ビデオ2020「コロナ禍の“今”」 国際交流・支援活動会員 国際福祉活動のあゆみ (英文)About JNCSW # SELP challenge with Covid-19 災害時の支援 大規模災害対策基本方針 提言「災害時福祉支援活動」 災害福祉支援活動の強化に向けた検討会 報告書 災害ボランティアをお考えの方へ これまでの大規模災害・支援活動等 令和5年 石川県能登地方を震源とする地震 令和2年7月豪雨災害 令和元年 豪雨・台風災害(房総半島台風、東日本台風等) 平成30年 北海道胆振東部地震 平成30年7月豪雨(西日本豪雨) 平成28年 熊本地震 東日本大震災 福祉のガイド 福祉の仕事・職場 福祉人材センター・バンクについて 福祉の資格 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 介護支援専門員(ケアマネジャー) 訪問介護員(ホームヘルパー) 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 保育士 社会福祉主事 福祉施設士 セルプ士 福祉の評価(福祉サービス第三者評価) 福祉の資金(貸付制度) 生活福祉資金 都道府県・指定都市社協における「各種貸付制度」 福祉の資金(助成) 福祉の機器(国際福祉機器展) 福祉の保険(福祉保険サービス) 全国各地の福祉の実践事例(見る・わかる) 社会福祉法人制度改革への対応 生活困窮者自立支援制度の着実な推進 身近な地域での支え合い・助け合い~社会的孤立を防ぐ 子育て支援、子育て不安や孤立防止~子どもの豊かな育ちをサポートする 虐待や権利侵害の防止~すべての人の権利が守られるように 障害がある人も暮らしやすい地域づくり 被災地における活動~一人ひとりに寄り添い、復興に向けて支援 資料ダウンロード 全社協 福祉ビジョン 2020 障害者虐待防止 手引き、研修ガイドブック 障害者総合支援法のサービス利用説明パンフレット(2021年4月版) 日常生活自立支援事業パンフレット 居宅サービス計画ガイドライン Ver.3 ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。社会福祉法人への個人寄附金の『税額控除制度』の活用(PDF) 児童福祉施設等に関する身元保証人確保対策事業 利用の手引 社会福祉法人・福祉施設による「地域における公益的な取組」の推進について 私の老後の生き方・暮らし方ノート ネットワークリンク 都道府県・指定都市社会福祉協議会のホームページ(リンク集) 市区町村社会福祉協議会のホームページ(検索方法) 福祉関係機関・団体等ホームページ(リンク集) 全社協事業(リンク集) 全社協・分野別組織(リンク集) サイトメニューここまで ホーム 福祉のガイド 福祉の資金(貸付制度) 都道府県・指定都市社協における「各種貸付制度」 本文ここから 福祉のガイド福祉の資金(貸付制度) 都道府県・指定都市社協における「各種貸付制度」 都道府県・指定都市社協における各種貸付制度とは、福祉人材の確保と、ひとり親家庭の自立促進、および社会的養護の仕組みのもとで育った者の自立支援のために、国の2015(平成27)年度補正予算で創設された(1)介護福祉士修学資金等貸付制度、(2)保育士修学資金貸付等制度、(3)ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付事業、(4)児童養護施設退所者等に対する自立支援資金貸付制度の4種類の貸付事業です。なお、(1)介護および(2)保育の修学資金貸付制度については、従来から同様の先行制度がありました。 これらの貸付制度は、資格取得等を経て就労した後、一定期間就労が継続された場合に借入金の返還を免除することとされており、就労を通じた自立、さらには福祉分野の人材確保につなげることをめざしています。 これらの貸付事業は、都道府県(および一部の資金は指定都市)が実施主体ですが、多くの場合、都道府県(および一部指定都市)社協への委託により実施されています。 貸付制度創設以降、2016(平成28)年度における(1)介護および(2)保育の修学資金貸付制度における再就職準備金の倍増など、各貸付事業の拡充が図られてきました。2021(令和3)年度には、少子高齢化の進展等に加え、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策により福祉施設等における業務が増大し、人手不足が更に深刻化していることから、「福祉系高校修学資金貸付事業」や「介護分野就職支援金貸付事業」、「障害福祉分野就職支援金貸付事業」など新たな貸付事業が創設されました。 各種貸付制度の概要 (1) 介護福祉士修学資金等貸付制度 貸付の種類 対象 貸付額 介護福祉士修学資金貸付事業 養成施設の在学者 月額5万円以内(在学期間) *入学準備金(20万円以内)、就職準備金(20万円以内)等の加算が可能 介護福祉士実務者研修受講資金貸付事業 実務者研修施設の在学者 20万円以内 離職した介護人材の再就職準備金貸付事業 1年以上の実務経験があり一定の知識・資格を有する、介護職員等として再就職した者 原則、20万円以内 例外、40万円以内(有効求人倍率が高い都道府県、被災地都道府県) 社会福祉士修学資金貸付事業 養成施設の在学者 月額5万円以内(在学期間) *入学準備金(20万円以内)、就職準備金(20万円以内)等の加算が可能 (2) 保育士修学資金貸付等制度 貸付の種類 対象 貸付額 保育士修学資金貸付 養成施設の在学者 月額5万円以内(在学期間、2年以内) *入学準備金(20万円以内)、就職準備金(20万円以内)等の加算が可能 保育補助者雇上費貸付 新たに保育補助者の雇上を行う施設・事業者等 年額295.3万円以内 (勤務開始日から3年以内) *要件により1名分の加算が可能 未就学児を持つ保育士に対する保育料一部貸付 保育所に、新たに勤務し、または産後休暇・育児休業から復帰し週20時間以上勤務する保育士 保育料の半額、月額2万7千円以内 (勤務開始日から1年以内) 就職準備金貸付 保育所等離職後1年以上経過した者、または新たに就職する者で、週20時間以上勤務する保育士 原則、20万円以内(1回限り) 例外、40万円以内(有効求人倍率が高い都道府県、被災地都道府県) 未就学児を持つ保育士の子ども預かり支援貸付 子どもの預かり支援事業を利用する保育士 利用料の半額、年間12.3万円以内 (保育所等に勤務する期間。2年以内) (3) ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付事業 貸付の種類 対象 貸付額 ひとり親家庭高等職業訓練促進資金 高等職業訓練促進給付金の支給を受ける者 入学準備金50万円以内 就職準備金20万円以内 (4) 児童養護施設退所者等に対する自立支援資金貸付制度 貸付の種類 対象 貸付額 生活支援費 児童養護施設退所者等で保護者等の支援が見込めず、大学等に在学する者 月額5万円(在学期間) 家賃支援費 児童養護施設退所者等で保護者等の支援が見込めず、大学等に在学、または就職している者 生活保護の住宅扶助額を限度 ・進学者…在学期間 ・就職者…退所等から2年以内 資格取得費 児童養護施設に入所中等の者で、就職に必要な資格取得を希望する者 実費(25万円以内) 注)上記は概要であり、各貸付の実施の有無、対象や貸付額、さらに貸付要件の詳細については都道府県・指定都市社協のホームページ等を参照してください。 お問い合わせ 各貸付事業に関するお問い合わせは、貸付の要件や実施の有無をご確認のうえ、都道府県・指定都市社会福祉協議会にお願いします。 都道府県・指定都市社会福祉協議会ホームページへ移動する 本文ここまで サブナビゲーションここから 福祉の仕事・職場 福祉人材センター・バンクについて 福祉の資格 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 介護支援専門員(ケアマネジャー) 訪問介護員(ホームヘルパー) 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 保育士 社会福祉主事 福祉施設士 セルプ士 福祉の評価(福祉サービス第三者評価) 福祉の資金(貸付制度) 生活福祉資金 都道府県・指定都市社協における「各種貸付制度」 福祉の資金(助成) 福祉の機器(国際福祉機器展) 福祉の保険(福祉保険サービス) 全国各地の福祉の実践事例(見る・わかる) 社会福祉法人制度改革への対応 生活困窮者自立支援制度の着実な推進 身近な地域での支え合い・助け合い~社会的孤立を防ぐ 子育て支援、子育て不安や孤立防止~子どもの豊かな育ちをサポートする 虐待や権利侵害の防止~すべての人の権利が守られるように 障害がある人も暮らしやすい地域づくり 被災地における活動~一人ひとりに寄り添い、復興に向けて支援 サブナビゲーションここまで 以下フッターです。 一般競争入札 情報公開 〒100-8980 東京都千代田区霞が関3丁目3番地2号 新霞が関ビル TEL03-3581-7820(代表) アクセス 本サイトのご利用について ウェブアクセシビリティについて 個人情報保護方針 Copyright © Japan National Council of Social Welfare. All Rights Reserved. ページトップへ ページトップへ フッターここまで

ホットニュース

★当サイト限定【リリベット】入金不要ボーナス30ドル! ルーカス・ヌメチャ BeeBet(ビーベット)の評判と口コミ:リアルな情報と噂を調査 ボンズカジノ(BONS)の特徴、評判、ボーナスや入金出金方法 ...
Copyright ©ボスニアfifa The Paper All rights reserved.