crazytime

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

研究者の方々へ 成果と活動 機構について アクセス お問い合わせ Q&A リンク サイトマップ English 大 小 あ あ ホーム 機構について 成果と活動 研究者の方々へ 倫理面の検討 研究内容の公開 未知のなかば アクセス お問い合わせ Q&A リンク サイトマップ English GWASセンター 機構について組織・メンバーGWASセンター ToMMoでは、これまで日本人のSNP情報を効率的に解析できるSNPアレイ(ジャポニカアレイ®)を開発し、アップデートを重ねてきました。このジャポニカアレイ®を用いて、東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査参加者15万人分のゲノム解析を進めており、大規模なゲノム解析が可能な体制、そしてノウハウを整備しています。ToMMoが蓄積してきたこれらの研究基盤の利活用を通じて、我が国のゲノム医療を推進することを目的に、機構内組織としてGWASセンターを設置いたしました。 GWASセンターでは解析結果の公開と共有を前提に、全国から共同研究を受け付け、ToMMoのリソースを用いて、ジャポニカアレイ® NEOによるSNPアレイデータの取得や高性能な遺伝子型インピュテーション、さらにGWAS解析までをワンストップで実施します。詳細は窓口にお問い合わせください。なお、GWASセンターに関するお知らせは こちら をご覧ください。   田宮 元 教授 センター長 詳細はこちら 櫻井 美佳 准教授 副センター長 詳細はこちら GWASセンター受付窓口:tommo-gwas*grp.tohoku.ac.jp(*を@に変えて下さい) GWAS解析(研究者向け情報)   関連リンク GWASセンターを新たに設置~高品質なゲノムワイド関連解析結果を全国の研究者に提供~【プレスリリース】 お知らせ 2024.05.21東北メディカル・メガバンク機構 シンポジウム 「10万人の全ゲノム情報と個別化ヘルスケアの未来」を開催します(6/19) 2024.05.15髙瀬 雅仁助教が第60回日本循環器病予防学会学術集会 YIA優秀賞を受賞しました 2024.05.14イオンスタイル仙台卸町でイベントを開催します(6月2日(日)) 2024.05.14白石市民春まつりでイベントを行いました 2024.05.09新しい遺伝地図の構築に関する論文が掲載されました 研究者の方々へ 試料・情報の利活用/共同研究 バイオバンク/コホート調査 ゲノム・オミックス解析 まずは使ってみよう! 各種サービス 施設紹介 人材育成・進学 論文等成果 研究の紹介 成果と活動 これまでの成果の一覧 地域の健康を支援する 複合バイオバンクの整備と充実 試料・情報の利活用促進 多様な連携の促進 機構について ご挨拶 背景と経緯 組織・メンバー 人材募集 広報物の紹介 倫理面の検討 研究内容の公開 未知のなかば 地域とToMMoに基金

mysteryreels オーストラリアカジノ casinobonus 無料オンラインカジノ
Copyright ©crazytime The Paper All rights reserved.